テディベア ハッピー

ハッピー
1989年。ロンドン サザビーズで何と55,000ポンド(約1,100万円)で競り落とされたテディベア ハッピーです。

このアンティーク ベアのハッピーは1926年シュタイフ社製で身長も61センチと比較的大きく、保存状態もよく、なによりもその愛くるしさが注目されました。

ハッピーを分析!
・左右に離れた耳はシュタイフ社の伝統。
・左耳には、浮き彫り文字のあるシュタイフ社のボタン。
・ガラス製の目は茶色。その中のひとみは黒。
・モヘアブラッシュは2色染めで特製品。
・大きな足の裏はベージュのフエルト。
・茶色の鼻は手で刺繍されています。
・両手の先には四本のつめ。茶色で刺繍されています。

ハッピーのほかにも高価なテディベアがあります。
テディベアミュージアムにも高値で落札された、テデイベアが展示されているそうです。

シュタイフやチャドバレイ、メリーソート テディベア→バブルスアンティーク

スポンサーサイト

コメント