イギリスの名窯

イギリスの名窯

紅茶の国イギリス。茶葉はイギリスや中国から輸入され、その影響も受けたお茶の文化も盛んになりました。

18世紀後半には、中国の磁器を模したカップが量産され始めます。またボーン チャイナの誕生により名窯が誕生しました。

パラゴン 
1920年にスターチャイナからこの名に改名しました。戦後に作られた花のモチーフのカップ&ソーサーが人気を呼び、日本にもファンが多いブランド。

ミントン
転写用銅版の彫刻をしていたトーマス ミントンが1793年に開いた名窯。19世紀にはイギリス全土のなかでエッチングの金装飾が最も美しいブランドとして賞讃を浴びました。

ロイヤル ウースター
イギリス最古の歴史を誇るロイヤル ウースター社。ジョージ3世から現在のエリザベス2世まですべての君主から王室御用達の名誉を受けた格式のある磁器ブランドです。

シェリー
ワイルマン一族にジョセフ シェリーが加わり、1872年にワイルマン窯としてスタート。イングリッシュガーデンなどを描いた作品が人気があります。シェリー窯に改名したのは1925年。

アンティーク キッチンウェアもあります!→バブルスアンティーク

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL