浜松市のアンティーク ショップ

静岡県 浜松市 で、アンティーク雑貨やコレクタブル雑貨をとりあつかっているお店。バブルス アンティークです。ホームページはバブルス アンティーク オンライン
お近くにおこしの際はお気軽にお立ち寄りください。

マップはこちらのマップ ファンをご覧ください。

ホームページはこちらです→バブルスアンティーク

ゴシック

ウエストミンスター寺院

ヨーロッパ中世、ロマネスクに次ぐ美術様式。一二世紀中ごろ北フランスに興り、各国に広まりました。特に聖堂建築に代表され、尖頭アーチや高くのびる尖塔など天上を志向する垂直効果が特色です。

パリのノートルダム寺院、ロンドンのウエストミンスター寺院などが代表的な建物です。

家具も聖堂建築の影響を受け、富と権力の象徴され重圧感のあるスタイル。

強い垂直ラインや華麗な浅浮き彫りが特徴でリネンフィールドというモチーフが流行しました。

1500年から1660年頃に盛んにオーク材が使われました。この時代は「オークの時代」と呼ばれています。

※オーク ブナ科コナラ属の総称。常緑樹カシの類も含む、大木となり, 強靭(きょうじん)さの象徴。

イギリスからアンティーク雑貨→バブルスアンティーク

シュタイフ トレード マーク 「ボタン イン イヤー」

シュタイフ ボタン イン イヤー

シュタイフ社の創始者マルガレーテ シュタイフは1歳半の時に病により右手両足の自由を奪われ生涯車椅子で生活をしていました。
しかし持ち前の明るさでみんなに好かれる女性でフェルト製品の製造販売店を姉妹で営んでいました。

1880年マルガレーテ シュタイフが33才の時、義理の妹へのプレゼントにと雑誌で見た「象のイラスト」をもとに得意のフェルトで針刺しを作ってみたところ、近所の評判となり、5年後には5000体余を生産する程の規模となり製品の種類もロバ、ブタ、ウマ、ラクダ等の色々な動物へと広がっていきます。

ある時、甥の一人リチャードは動物園でスケッチしたクマのデッサンを見てひらめきました。「このクマを商品化できないか!」

マルガレーテ シュタイフの愛情とリチャードの熱意で、試行錯誤の結果ようやく1匹のクマのぬいぐるみが誕生したのです。これが世界ではじめて誕生したクマのぬいぐるみでした。

シュタイフ ボタン イン イヤー初期

シュタイフ社の製品が売れ始めると、質の悪い模倣品が出回るようになりました。シュタイフ社は商標の保護を申し出ましたが、一向に効果は上がりません。

そんな中1904年に“製品の左耳にボタンを付けて模倣品と差別化する”ということを思いつきました。

これが有名な「ボタンインイヤー=シュタイフ社のトレードマーク」が誕生したいきさつです。

マルガレーテ シュタイフ生家

今はひっそりとたたずむマルガレーテ シュタイフの生家、1847年生まれのマルガレーテ シュタイフは1888年までこの家で過ごしました。

シュタイフやチルターン テディベア→バブルスアンティーク

ウイリアム&メアリー様式

ウィリアム&メアリー様式

ジェームス2世の娘のメアリーとその夫でオランダ総督のオレンジ公ウイリアムが統治した時代。

ウイリアムはオランダから優れた家具職人を連れてきたため、この時代の家具は薄板の寄木細工やマーケットリー(はめ込み細工:数々の色合いを持つ天然木材をそのままの色で用い、絵画や図案をはめ込み、自然、天然の色を生かし表現した技法)など、オランダから新しい技術が導入されました。

マーケットリー
はめ込み細工が施されたゲーム テーブル

こちらもご覧ください→バブルスアンティーク

シュコ社 ピッコロシリーズ

シュコ

シュコ社はドイツの創業90年以上のおもちゃ会社です。

ハインリッヒミュラーは、1912年にニュルンベルクでパートナーのハインリッヒ シュライヤーと共にシュライヤー アンド カンパニー社(シュコ)を設立しました。

シュライヤー社は1921年、正式にSchuco(シュコ)と言う文字を商標に付け加えました。宙返りするテディベア、行進するテディベアなどぜんまい仕掛けのユニークなテディベアを開発し、1921年にはシュコ社が専売特許をとった「イエス ノー ベア」が発表されました。

1930年からは、このイエス・ノー ベアと共にピッコロ シリーズが製造されるようになりました。ピッコロシリーズの中には香水瓶やコンパクトが内蔵されたパフューム ベアやコンパクト ベア等がありました。

かわいいアンティーク テディベア→バブルスアンティーク

カントリー キッチンにはアンティークのソルター社スケール

ソルター社

ソルター社はイギリスのはかりメーカーで、200年以上前からの歴史と伝統があり、カントリー キッチンにはアンティークのソルター社スケールが定番アイテムといっても過言ではありません。

1700年代後半に、イギリスのビルストン村を発祥の地として、当時、バネ製造会社を中心としていた、リチャード ソルター社が小型竿はかり器を製造・販売したところから始まっています。
 
現在、ソルター社は100カ国を超える海外販売拠点を築き上げ、世界的スケールのメーカーとしての地位を確立するに至っています。

英国シェア40%を持つソルター社ホームページはこちらです。

バブルス アンティーク オンラインで取り扱うソルター社のスケール

ドイツ ソルター スケール
イギリス ソルター社 コーヒーミル

他にもアンティーク キッチン アイテムがいっぱい!→バブルスアンティーク

ブリュ

ブリュ

ファッション ドールやべべ、キャラクター ドール、衣装などを制作したフランスの工房。ファッション ドールでは「スマイリング ブリュ」と呼ばれる名品やべべ タイプの「ブレベティ」「ブリュ ジュン」「サークル ドット」など多くの名品を数々残しています。また数々のパテントを開発したことでも知られ、ジュモーと並びフランスの代表的な工房でしたが1899年にその歴史を閉じています。

1899年以降Society Française de Fabrication de Bebe & Jouets (S.F.B.J.)という合同会社を設立。ドイツの人形に対抗できる安価で生産可能な人形の開発に着手していくこととなります。


アンティーク ドールも取り扱ってます!→バブルスアンティーク

エートナ トイ アニマル カンパニー

エートナ

1901年にニューヨークで創立されたエートナ トイ アニマル カンパニーのテディベア。
テディベアのほかにも間接のあるサルやうさぎのぬいぐるみも生産していました。アメリカの国外でわずか数年間のみの生産となったエートナ テディベアは特にめずらしいテディベアになっています。

また、このテディベアはスティル・ホープという名前を持ち、伝統的な背中のコブがあり長い手足でアメリカン ベア初期の特徴でもある三角形の形をしています。

エートナ ロゴ

エートナ トイ アニマル カンパニーのテディベアには卵形スタンプが右足のパット中央に押されています。

チルターンのアンティーク テディベア→バブルスアンティーク

オリエントエクスプレスの旅

わたくしChummyが今一番行ってみたいのがこの旅。何年後になるのかわかりませんが・・・。

オリエントエクスプレス

ロンドンのビクトリア駅を起点にリーズ城やウォーリック城などの古城を訪ねるコースや、英国カントリーハウス、庭園めぐりなどいろいろなコースが用意されている。男性はジャケットにネクタイ、女性はスーツ、ワンピースなど正装での乗車でジーンズとスニーカーはご法度。

客室

もちろん食事は英国風の料理がサービスされる。目的地に到着するまでの食事を楽しみながらの車窓からの眺めは最高でしょうね。

オリエントエクスプレスのホークページはこちらです。

こちらもご覧ください→バブルスアンティーク

王政復古

王政復古の家具

王政復古すなわちチャールズ2世の家具は、カロリアンとも呼ばれ、オランダ、スペイン、フランス、シノワズリの影響を受けているのが特徴で、籐の素材やツイスト脚など新しい家具も生まれています。

王政復古の時代に特に花のデザイン使用されました。チャールズ2世の時代の家具職人は、精巧で素晴らしい鳥と花のデザイン、キューピッドなど今までにない彫刻を用いています。

木材には、クルミとカシに加えて、オリーブのヌマヒノキ、キングウッドおよびクロガキが使用されました。

ブリティッシュ アンティーク雑貨→バブルスアンティーク